セルフジェルネイルの基礎知識

ジェルネイルは簡単!でもきちんと知識を持って塗ると仕上がりも違います!

はじめてジェルネイルを自分でやってみる人の多くは、すでにネイルサロンでジェルネイルをしたことのある人がほとんどを占めているそうです。ジェルネイルキットメーカーさんの調査によると90%以上の人がジェルネイルをネイルサロンで受けたことがある人だったんだとか。

なので大抵の人がジェルネイルはどうやってやればいいか?はわかっているとは思うのですが、やっぱりプロの見よう見まねだけではなく、きちんとした手順とやり方を頭に入れてから始めるとだいぶ違います

セルフジェルネイルのやり方の流れの基本工程

セルフジェルネイルのやり方の流れと気を付けたいポイント!

爪の形を整えたあと裏バリをしっかり除去するのが大事
まずは爪の長さ、形を整えます。右手と左手の爪の長さや形を同じように整えましょう。使うのはゼブラファイル。ごしごしと右左とファイルを動かすのではなく、一方方向に削っていきましょう。

爪はいくつもの層で出来ているので、爪の裏がわにたまごの膜のようなバリというのが出てきます。それもきちんと除去しましょう
爪の長さや形を整えてから爪裏のバリまできちんと除去しておくのがポイント!
甘皮の処理がジェルが長持ちするポイント!
ネイルサロンでもジェルを塗布する前に一番時間をかけるのが甘皮の処理。 甘皮をきちんと押し下げ、必要であればキューティクル用のはさみでカットしまししょう。甘皮を除去することで、ジェルネイルを爪の根元のキワまできちんと塗ることができるため、ジェルのもちが長くなります。

オレンジウッドスティックやルビーストーンを使って丁寧に甘皮を押し下げ、除去しましょう。爪の根元が凸凹していたらきれいに取り除きましょう。

サンディングは爪のキワまでしっかりと
サンディングとは爪表面をバッファーで削り、爪の表面を少し凸凹させることをいいます。ジェルがはがれやすい人は、サンディングなしのジェルでも少しだけサンディングしたほうがはがれにくくなります。爪表面をサンディングすることによって、でこぼこになり、ジェルとの密着度が上がるためです。

ジェルがぺろんと剥がれてしまう人はいくつか原因がありますが、このサンディングの工程をきちんとすることで、はがれにくくなります。ただし、やりすぎないように気を付けましょう。
爪表面の水分と油分、ダストを除去
ファイリング、サンディングをした後の爪には爪の削ったときにでたダストが付着しています。これを除去するためと爪表面の水分や油分を除去するために、クリーナーで爪表面をふき取ります。

こうすることで、爪とクリアジェルの密着度がアップします。爪も髪の毛と一緒で性質に個人差があります。髪も乾燥している人、頭皮の油分が出やすい人がいるように、爪も水分を含みやすい人、油分が多い人がいるので、爪表面だけでもジェルが密着しやすいように整えます。

実はここも大事なポイントクリアジェルを丁寧に塗る!
クリアジェルは爪表面をカラージェルの色素から守るために下地の役目も果たします。クリアジェルが均一に丁寧に塗れているかで、その上に塗るカラージェルの仕上がりも変わってきます

爪の根元がギザギザにならない様にジェルを丁寧に塗ること、爪のサイドに流れないようにすること、皮膚に付着させないこと
さらに爪先もしっかりと塗ること。爪先の部分まできちんと塗れば、爪先からはがれにくくなります。
クリアジェルを硬化させる
硬化とはジェルを紫外線で化学反応を起こさせ固めることをいいます。
硬化させる前に、ジェルが皮膚や甘皮に付着していないか? チェックしましょう。付着していると、そこからリフトしやすくなります。

クリアジェルは硬化時間も短いので、慣れないうちは、指一本ずつ硬化させましょう。 親指は特に他の4本の指とは別に硬化させます。写真のように指を入れると分かるように親指は縦になってしまうのでジェルがサイドに流れてしまうためです。
カラージェルの塗布は2度塗り、3度塗りでムラなく!
カラージェルは均一に塗るのが最初のうちは難しく感じるかも。塗っているうちにサイドに流れてしまい、サイドに厚みが出て爪の横幅が出てしまったり。1度塗りのときは多少ムラになっても薄く塗って、2度、3度塗りでムラが無くなるようにするのがポイント

ジェルのセルフレベリング効果で2度塗りの時にムラになっていた部分にジェルが流れるので、少し気を付けて2度、3塗り目でムラをなくすようにするのがポイント。 爪先まできちんと塗るのも忘れずに!
カラージェル、仕上げの際は硬化時間をチェック!
カラージェルの硬化時間はメーカーだけでなく色によっても違います。濃い色は硬化時間が長く、透明度の高いカラージェルは硬化しやすいです。硬化時間は気持ち長めに、爪サイド、爪先にまできちんと光が当たるようにしましょう。

硬化時間は長すぎてもだめ。短すぎてもだめです。完全硬化タイプのジェルは爪表面がべたべたしていたら、硬化時間が短かったことが原因。
トップコートのジェルを塗って、未硬化ジェルをふき取る
デコレーションなど、ジェルを塗り終わったら、最後にトップコートのクリアジェルを塗布⇒硬化してから、未硬化ジェルをクリーナーでふき取ります。

クリーナーはスポンジワイプ1枚に付き指一本だと思いましょう。
爪表面がべたべたしていたら、未硬化ジェルがきちんとふき取れていない証拠です。完全硬化タイプのジェルはこの工程はありません。

これだけのシンプルな工程ですが、一つ一つを丁寧に進めていくことで仕上がりも変わってきます。最初はうまくできなくても大丈夫。回数を重ねていけば仕上がりもプロ並みに!大切なのは自分の爪にジェルを塗布するのに慣れること。下準備をきちんとすることです。それだけでジェルは長持ちするようになりますよ!

ネイリッシュはジェルネイルを初めてする人のためのセルフジェルネイル啓発サイトです。ジェルネイルキットランキングやセルフジェルネイルをはじめるときに必要なアイテムや注意したいこと、上手になるためのコツやテクニックなども紹介していきますよ!

pagetop