クリアジェルの選び方

初心者に大事なのはクリアジェルの使いやすさ!

クリアジェルはどこのメーカーのものも同じだと思っていませんか?クリアジェルはメーカーによって大きく使い勝手や品質が違います。たとえば、塗りやすさ、テクスチャー、硬化時間、LEDライトでの硬化かUVライトでの硬化か?UVとLED両用のタイプもあります。はじめてのキット選びではLEDライトでの硬化ができるジェルがオススメ。LEDライトは省エネで、小型でも短時間で硬化できます。

クリアジェルを選ぶ5つのポイント

  • 塗りやすさ(テクスチャーやジェルの性質)
  • 容量当たりの単価(消耗品のため安い方がいい)
  • 使用可能回数は何回か?
  • 使いやすさ(筆やLEDライトの使い勝手)
  • 硬化時間(ライトに当てる / ジェルを固める時間)

クリアジェルを選ぶときは上記の5つのポイントをチェック!比較するとわかりやすいです。 【塗りやすいこと】、【硬化時間が短いこと】は初心者にとって重要なポイントです。また1つのボトルで何回使えるか?も重要です。容量当たりの単価はもちろん安い方がリピートしやすいですよね。そういった5つのポイントを比較した表をつくりました。

クリアジェルのコストパフォーマンスは? クリアジェルは使い勝手も大事!

使いやすさに関してはすべてのジェルネイルを使用した各キットの体験レポートをご覧ください。 ジェルの硬化時間やオフの簡単さ、ジェルのテクスチャーや付属している筆の使いやすさなどトータルで評価しています。はじめて自分でジェルネイルをする人の気持ちを考えて、細かく評価しています。

今すぐ、ランキング1位のSoLuzGelの詳細を見る!

5つのポイントはここが重要

クリアジェルの塗りやすさ(テクスチャーやジェルの性質)
クリアジェルは塗りやすいことも重要。マニキュアタイプのジェルは比較的ジェルの粘度が低く、初心者さんには塗りやすいのが特徴。ジェリーネイルの様なジャータイプのジェルは水あめの様な粘度の高いジェルが多く、冬場は粘度が固くなるなど、気温の変化も受けやすいです。粘度の高いジェルはある程度ジェルを爪に乗せて伸ばす要領で塗る必要があります。
その点、マニキュアタイプのジェルはマニキュアと同じような粘度のため、初心者にとって抵抗なく塗れる優れもの。 (ただし、ジェルがゆるいので甘皮や皮膚に付着しないような心がけは必要です。)たっぷり塗るのはNGで少量を薄く延ばすのがマニキュアタイプのジェルの特徴です。ソルースジェルはトップとベース兼用で筆も広がりとしなりがジェルのテクスチャーに合わせよく計算されて作られているので、初心者さんの使い勝手はいいと思います。
容量当たりの単価(消耗品のため安い方がいい)
グランジェ、ソルース、ジェリーネイルのクリアジェル画像
クリアジェルは消耗品。一番たくさん消費するジェルです。グランジェやジェリーネイルは容量当たりの単価が高いのがネック。そして、一見よさそうに思えるトップジェルとベースジェルが分かれている点に関しても。実は割高になっている要因の一つ。ソルースジェルはトップとベースが一体になっていて12mlですが。グランジェやジェリーネイルに関しては、トップとベースジェルが分かれているため、クリアジェルが足りなくなる=トップもベースもなくなるので、1回あたりの使用コストは表にある1mlあたりにしてみると、倍かかるということです。
グランジェやジェリーネイルは未硬化ジェルが出ないタイプではありますが、トップとベースが分かれている分1回あたりの使用コストはソルースジェルの2倍以上になります。クリアジェルは一番の消耗品なので単価が安くて使いやすいものがいいですよね。
使用可能回数は何回か?
クリアジェルもカラージェルも使用可能回数は爪の大きさや1回で消費するジェルの量で個人差もかなりありますが、入っている容量で考えればだいたいの使用可能回数がわかります。ソルースは約20回以上、ジェリーネイルは約8回(トップとベースあわせると16回)、グランジェは約10回(トップとベースを合わせると約18回)です。
ジェリーネイルやグランジェはトップコートとベースコートのクリアジェルが分かれています。そのためトップとベース合わせたクリアジェルの単価はジェリーネイルは4,070円、グランジェはなんと6,480円です。使用可能回数を考えてもソルースはトップとベース一体型1,944円とで断然安いです。
使いやすさ(筆やLEDライトの使い勝手)
LEDライトは大きなドーム型のものは1万円を超えます。その点、ソルースのジェルネイルキットのLEDライトは最小&最軽量でありながらハイパワーなのにお手頃価格。キットに含まれているのでとてもお得です。ペン型は単価でみるとかなり安いのですが、一度に何本もの指を硬化するのにはあまり適していないです。
理由としてはどうしてもLEDの光の当たる場所、角度のムラが出てしまうから。爪のサイドのジェルが十分に硬化できないこともあります。きちんと当てればもちろん硬化しますが。カラージェルの時などは特に注意が必要です。ドーム型の場合は片手がフリーになるので、時間短縮になりますし、何より電池が不要なのでエコです。ペン型LEDライトのジェリーネイルのライトは単4電池が3本必要。グランジェの場合は単3電池が2本必要です。電池はキットに付属していません。(ちなみにジェリーネイルのペン型LEDライトは新品のアルカリ電池で1時間30分の仕様が可能といわれています。
ペンタイプは1本だけジェルネイルが取れてしまったときなどに簡単にジェルを塗りなおすことができるのが魅力ですが、きちんとむらなくLEDライトを当てること、電池が消耗すること、なども考えるとやはり、セルフジェルネイルの初心者さんにはドーム型の方がお勧めです。
※ソルースジェルは、今なら置き型ドームLEDライトとペン型LEDライトも無料でプレゼント中!!
硬化時間(ライトに当てる / ジェルを固める時間)
硬化時間は短ければそれだけ作業時間が短くなるので短い方がいいですよね?この硬化時間に関してはどのクリアジェルもとても短い時間、約10秒で硬化します。グランジェ、ジェリーネイル、ソルースどれもです。
ただし、ジェリーネイルのトップコートは60秒で完全硬化、グランジェは20秒で完全硬化です。
さて、ここまでクリアジェルだけで比較してみていかがでしょうか?
せっかくジェルネイルキットを購入するのであれば消耗品は安く、長く使いたいですよね。

SoLuzGel ソルースジェル

ソルースジェルのジェルネイルキットはカラージェルが5本もついてきて13,824円とかなりお得なキットです。LEDライトも付属していて、すべてがかわいい収納ボックスにしまえるので、片づけも簡単♪クリアジェルはベースとトップの両用タイプで筆一体型。マニキュアの様な感覚で塗れるためジェルネイル初心者に使いやすい仕様となっています。

もっと詳しく

ネイリッシュはジェルネイルを初めてする人のためのセルフジェルネイル啓発サイトです。ジェルネイルキットランキングやセルフジェルネイルをはじめるときに必要なアイテムや注意したいこと、上手になるためのコツやテクニックなども紹介していきますよ!

pagetop